バンクーバー

明日27日は大阪の研修会に行くため施術は午前中のみになります。

さて現在、オリンピックで盛り上がっていますが、競技のこととか日本のメダルのことはここで言ったところで思うことは皆さんとあまり変わらないでしょうから、それについては書きません。

今回の場所バンクーバーです。

しんそうが初めて進出した海外でもあり、私が初めて行った海外でもあるのです。

とにかくサーモンが美味しかったところです。

メイプルシロップも美味しかった…

1999年の話です。

私が初めてカナダに行くことになる数ヶ月前、あるきっかけでカナダ在住の整体師がしんそうを知り、是非カナダで講演して欲しいと言う強い誘いがあり、林会長先生が実演講演を行ったのです。

その講演を見て感動を受けた数名の治療師から、是非カナダでしんそうを教えて欲しいと言う強い願いが出たのです。

そして海外初のしんそうの研修会を行うことになり、その時は私を含め数名の研修生にも同行の許可が出たのです。

私自身、しんそうで開業して一年にも満たさない駆け出しで、まして海外旅行とかもほとんど興味はなかったのですが、しんそうが初めて世界に挑戦するということで勢いでついて行ったことは今でも覚えています。

そして、しんそうが世界に通用することを目の当たりにすることが出来ました。

狭い日本の治療室で「今日は何人来た」とか言って、一喜一憂するのがちっぽけだなぁ~と思ったのです。

しんそうをもっともっと、世界中の人に知ってもらえたらどんなに良いだろう…

あれから11年、しんそうはまだまだ知られていませんが、バンクーバーで初めてしんそうを習った研修生は、今でもカナダでしんそうをしています。

年に一回はしんそうの研修会に来日されます。

バンクーバー…、オリンピックも面白いですが、私にとっては思い出の地でもあります。

その時に誓った気持ちに戻り、これからもしんそうを頑張りたいと思います。

誕生日の思い出

今日は私の?回目の誕生日です。

今さら誕生日がどうこう言う訳ではないのですが…

今までで思い出に残る誕生日、というよりは3月生まれのため誕生日が節目になることが多いのです。

その中から2つ。

一つは今から15年前、治療師を目指して京都の学校に行くため故郷の広島を離れるのが決まり、地元の友達がわざわざ送別会を開いてくれた日が私の誕生日でもありました。

こういう時の友達って、ありがたいですね。

もう一つは12年前の誕生日。

その日は按摩マッサージ指圧師の国家試験の合格発表の日。

自己採点で大丈夫なのはわかっていましたが、学校に集まって合格を聞くまでは内心ドキドキ…

合格が誕生日プレゼントでしたが、学校にはそれ以来行っていません。

資格をとったのは私にとってマッサージから離れる通過点だったのです。

マッサージの学校を卒業する年は同時にしんそうの基礎を終える年でもありました。

マッサージの資格をとったものの、気持ちはしんそう。

卒業後、一年半はマッサージも続けましたが本格的にしんそうの方に向かってもいました。

とったから言えるのかも知れませんが資格なんて単なる紙切れであって、患者さんやお客さんのためというより、もとは治療師の職業保証のためだとも言われています。

私がみてきた限り、マッサージであっても上手いかどうかは資格とは関係ありませんでした。

今はしんそう療方をやっているので国家試験とは全く関係ありません。

マッサージや鍼灸、柔整など資格や今までやってきたことにとらわれては治療師として発展出来ません。

実際しんそうの会員には元は鍼灸師や柔整師だった人もたくさんおります。

その人たちの多くが今までやってきたことを捨てるのも、それだけしんそうに魅力があるからだと言えます。

10年間

10周年ということでこれまで開業にいたるまでのことを書いてきましたが、10年の間にも色々ありました。

移転と二回の院名変更。

「しんそう」を広めに初めて海外に行ったり、全国を回ったこと。

しんそうを通じて多くの患者さんや研修生と出会いました。

患者さんにごとに困っている症状も様々で症例をあげたらきりがありません。

おかげ様で開業1~2年目の頃より今では3~4倍の患者さんが来るようになりましたが、どうしたら「しんそう」が世間に理解してもらえるか試行錯誤の10年でもありました。

「これからはインターネットの時代が来るから若い先生はパソコンも勉強したら良い」の一言でパソコン関連の本を買いあさって、今では自分でホームページを作ったりブログを書くようにもなりました。

開業当時はホームページはもちろんないですし、歪み写真もデジカメではなくてポラロイドカメラで撮っていました。

この10年の間、方法や媒体、使う言葉は変わってきましたが、終始一貫して「具合の悪い体は形が歪んでいて、しんそうは形を整える」ことを訴えてきたことには変わりありませんし、これから先もそれは変わることはありません。

ということでいつまでも初心を忘れず、しんそうを通じて多く人に喜んでもらえるよう、これからも頑張っていきたいと思います。


平成10年9月24日、浜に「復元舎」という名前で開業しました。
まだ未熟でしたが、岡山で最初の「しんそう」の専門院です。
fukugen-sha.jpg


平成13年5月頃、「藤原しんそう院」に院名変更。
「しんそう」を院名につけることに重みを感じ、色々な事を自覚した頃です。
fujiwara-shinso-in.jpg


平成15年1月31日、現在の駅前に移転と「しんそう岡山駅前」に院名変更。
これからも「しんそう」をよろしくお願いします。
genzai.jpg

おかげさまで10周年

10年前の今日、岡山市浜に「無痛バランス療法 復元舎」を開いたのです。

真上が主に学生さんが住むアパートで、部屋が一つ空いていたので住まいもそこに移っていました。

住まいが真上だったのもあり、いざざ開くまでは「あれが足りない、これが足りない、ここをこうしたら…」など、結局、開院日の明け方まで開業準備をしていたと思います。

早く準備をしていても眠れなかったでしょうから…

いざ開院当日、広告をまだ出していなかったせいもあり予約は全く入っていなかっったのですが、開業準備をしている時に興味ありそうな人にしんそうの本を渡していたのもあり、「どんなことをするのか話を聞きだい」という方が現れたのです。


当日はしんそうの検査だけをして施術まではしなかったのですが、次の日に来院されるととのこと。

翌日、その方が来られて私にとって初めての患者さんになったのです。

今までマッサージ店で働いているときは痛かったりこってるところを時間をかけて揉んでいたのですが、しんそうでは痛いところやこってるところを全く触れません。

内心「これで本当に大丈夫なのかな」と不安だったのですが、次に来院された時には肩が楽になったらしく、私のほうが一番嬉しかったのを覚えています。

その方は現在の駅前に移転してからも来院されており、どんな治療師でもそうだと思いますが、初めての患者さんは一生忘れないものです。

ビギナーラックと言う言葉もありますが、29日に初めてのチラシが入り二人目の患者さんが来院され、施術後には「歩いても腰に響かなくなった」と喜んで帰られました。

開業は順調にスタートしたかに思えたのですが…

その後パラパラと色んな患者さんが来られるようになると、やがて思ったように結果を出せない患者さんにも当たるようになり、またしんそうの考え方を理解してもらえない患者さんも多く、自分の未熟さを思い知らされていくのです。

それから10年、その当時ではお役に立てなかった患者さんも今の自分なら何とか結果を出せるものも多いとは思いますが、開業当初はビックリするほどの結果が出ることもあれば結果を出せないこともあり、その度に一喜一憂してたと思います。

それにしても10年先なんて開業当初はずっと先のことだと思っていましたが、気がついたらあっという間なんですね。

新聞記事

私が「しんそうを開業しよう」と思い立ったきっかけのもう一つはちょうど11年前の9月17日のことです。

しんそう療方(当時は無痛バランス療法という名称でした)が産経新聞の朝刊に紹介されたのです。

話によると当時の私の先輩のところに通ってた患者さんが新聞に投稿したのがきっかけで、しんそうの本部に取材が来たのです。

その記事は全国から大変な反響を呼び、その日から電話が一日中鳴りっぱなし、数ヶ月は本部になかなか電話が繋がらない状態が続いたのです。

ちょうどその頃の私は、学校も卒業していて仕事は夜で昼間は暇な日があり、勉強がてら何日か電話当番をしたことがあるのです。

来る日も来る日も全国から「うちの近くにないですか?」という電話があるのですが、しんそうは限られた地域にしかなく、紹介する場所は遠いところばかり。

たまたま私がとった中に「岡山にないですか?」という問い合わせがあったのです。

岡山は住んでた町で愛着があるのですがその頃は岡山に「しんそう」はなくて、大阪か広島に行ってもらうしかないのです。

しんそうを求める人はたくさんいる。開業するなら、しんそうがまだない場所で…

そういう思いが強くなったのです。

実際には私が開業する前から、また記事になる前からしんそうのファンは岡山にもたくさんいて大阪や広島に通ってる患者さんもいたのですが…

でも誰もが新幹線に乗ってまで治療を受けに行くものでもありません。岡山で開業することでしんそうを受けれる人も増える、そう思って開業へと続いたのです。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク