ゴールデンウイーク

早いところでは明日から連休のようです。国内外、行楽に出かける方もいれば里帰りされる方もいます。でも普段と変わらない方もいたり、体調不良でどこへも出かけられない方も…。
当院は日曜日と5月4日(金)以外は通常通り施術します。
具合が悪くなる時に連休はありませんからね!

久しぶりの来院

今月に入って8ヶ月ぶり、1年ぶり、2年ぶり、今日も7ヶ月ぶりと久しぶりに来られる患者さんが続いています。
いつまでも当院を忘れずに調子が悪い時には頼って来ていただけることは治療師として嬉しいものです。
調子が良くなったから長期間来なくなる方がたくさんいてそれなら良いと願うのですが、私は小心者ですから度々来られてた方がしばらく来なくなると「どうしたんだろう?」とついつい心配してしまうのです。
昨年は椎間板ヘルニアがもとで当院に通っていて、今日7ヶ月ぶりに来られた20代の女性から先週までは楽に過ごせてたことを聞いて私もホッとしました。
もちろん今日の施術結果も良好!今回は調子が悪くなってから一週間程度で対処出来たので治りも早いでしょう。

ブログ

最近、会う人会う人によく「ブログ見てますよ」と言われるようになりました。
患者さんにも言われますし、友達にも言われますし、先日の研修会では後輩に「マメですね」と言われました。
まぁ、始めたときは気が向いたときにたまに更新すれば良いと気楽に考えていたのですが見てくれてると報告をくれただけで私も励みになります。本当、有り難いことです。
でもゴロゴロしながら携帯電話からブログを書いてる姿は想像できないでしょう。
あっ、言ってしまった…

反省

一年くらい前から腰の調子の悪い時に来られている30代の女性の患者さんの話です。ご本人は施術をすると腰が楽になるので満足をされているのですが、私は施術後に形を見ても歪みが完全には治りきっていないので100点満点をあげられませんでした。
この患者さんは検査と形が一致しないところがある(背骨や骨盤の歪み方を見て、こっちと足が硬いはずなのになぁ~と思っていました)ので疑問だったのですが先日、施術中に「生まれた時に股関節が脱臼してたらしいんですが歪みと何か関係ありますか?」と聞かれました。
そこで足の長さを見て、骨頭を触れてみて納得!、少しやり方を変えれば見違えるくらい整いました。
こういった股関節脱臼や他にも骨折や手術などの経験がある方は動きと形が合わないことがあります。
通常は初めて来られた時に既往歴を書いてもらっているのですが、患者さんはそう言ったことは何も知らないから何も書かれない方もいるのです。
しかし何も書かれないからと言って先天性股関節脱臼を見逃していたことは言い訳出来ません。これまで楽になっていたから気づかなかったのですがやはり細心の注意を払って色々なことを想定しなければならないと思いました。

新年度

昨日、今日と今年度最初の大阪研修会がありました。
今回は新人が22名と過去最高の人数がしんそう学院に入ってきていつも以上にすごい迫力のある研修会でした。
患者としてしんそう療法を受けているうちに自分もしんそう療法を習ってみようと思った人、他の治療の仕事をしていてしんそう療法に興味を持った人、今回も動機は様々です。
今日は入ってきた新人が一人も抜けることなくいつまでもしんそうの仲間でいられることを願うとともに私自身も良い模範になれるようこれからも頑張りたいと思います。

明日は午後から休み

明日は大阪研修会のため午後から休みます。午前中の予約も埋まっているため土曜日に施術を希望されるかたは来週お願いします。(来週の土曜日は通常通り施術します)

外因

もう4月も半ば過ぎたというのに今日は肌寒い1日でした。今日来られた方も冬物衣料がしまえないとボヤいていました。
こういった寒暖差の激しい時も体調は崩しがちになるものです。
体は暑さ、寒さ、湿気、ウィルス、空気や水の汚れ、仕事や家庭、人間関係など、そして重力という様々なストレスにさらされています。
体はその影響をうけ、またそれに適応しようと様々な形をとります。
ストレスという外因に適応出来ず、体調が悪くなるときは必ずと言って良いほど動きや形に異常がでます。
外因そのものは私にはどうもしてあげることは出来ませんが、外因の影響を受けて適応出来なくなった体を適応出来るものに戻すことはしんそうには出来るのです。

顔の浮腫み

膝や腰の調子が悪い時に来られる患者さんに聞かれたことなのですが「体調が悪いときに顔が腫れるんじゃけどどっか悪いんじゃろうか?」と。
内科で見てもらった時もどこも異常がないそうですし、おしっこがちゃんと出てるかどうか聞いても問題はないそうです。
内科で見てもらっても異常が見つからないのに、どこかの臓器が悪いかどうか私に聞かれても見えないものは答えようがありません。

しかし注意してもいたいところは、最初に言った「体調が悪い時…」と言うことです。
具体的にこれと言った病気がある訳でもなく体調が悪い時にむくむというのなら、体調が良い時の体に戻せばすむ話なのではないでしょうか?

体調の良し悪しは形や動きに現れます。
しんそう療法は体調が良い時の体に戻す治療なので、顔を直接触るわけではありません。
私は手足を揃えただけなのに、自分で触ってもらい顔の浮腫みがとれてるのには驚きの様子でした。

旅行と地震

前にこのブログでも書いたように昨日、今日と創始者の林先生としんそうのベテラン組で伊勢のほうに行ってきました。
これまでは林先生の講演会や研修生として国内、海外を問わず色んなところへ行ってきましたが、今回は先生への感謝とこれからのしんそうの発展を願い旅行として行くのは初めての試みでした。
天候にも恵まれ、昨日は伊勢の外宮、内宮と参拝をし赤福も食べ、ホテルに戻った後はみんなで将来のしんそうの夢を語りました。

今日は夫婦岩を見た後、近鉄に乗り…とここまでは良かったのですが、ここで異常事態発生!

三重県で震度5の地震があり電車が停まってしまったのです。車内で3時間も閉じ込められ、下車後に食事の予定だったのでお腹はすくし、送電も停まり空調は止まってて暑さと喉の渇きもあり、さすがにぐったりしました。
まぁ、けが人もいなくみんな無事に帰って来れ、地震の被害事態もひどくはなさそうで良かったのでしょう。
でも電車に3時間閉じ込められるハプニングもそう体験できるものではないですし、案外これが一生の良い思い出になるのかも知れませんね。

CA310020.jpg



CA310019.jpg


070416_0011~0001.jpg 070415_1042~0002.jpg

明日は休みです

明日は、林先生としんそうの一部の会員で集まって伊勢に行ってきます。
今まで月に2回は集まっていたのが当たり前だったのですが、この4月から研修会が東西に完全にわかれ、前回の東京研修会に行かなかったため皆と会うのは久しぶりのような気もします。
これからは研修会はもちろん、こういった集まる機会が減るかも知れないので今まで以上に1回1回を大切にしたいと思います。

無痛バランス療法

つい先日も「無痛と書いてある整体に行ったら実際は痛い施術だったんですけど、そちらはどんなことするんですか?」という問い合わせがありました。

当然のことながらしんそう療法は痛いところを押さえたり揉んだりグリグリしたりボキボキすることは一切ありません。手足の動きにちょっとした軽い修正をするだけで驚くほどの効果をあげている療法です。仮に軽く触れただけで痛む場所があったとしても、触れても痛くないところから調整して身体のバランスは整えられます。

体の軸を中心に戻す、つまり解剖学的基本肢位の構造通りの形に戻すというすごい中身があるのですが理論的なことは今日のテーマではないのでそれはおいておきます。

しんそうは昔、「無痛バランス療法」と名乗っており、その評判から無痛バランス療法の名前で「思いっきりテレビ」をはじめ色々なテレビ番組、雑誌や産経新聞の記事としても紹介されました。
私も開業当初は無痛バランス療法の看板を掲げておりました。

なのに、なぜ名前を変えたか?

ズバリ、最初に書いたように「無痛」や「バランス」をうたった紛らわしいものがあまりにも多く出てきたからなのです。無痛バランス療法を習ったことのある治療師がやっているところもあれば全く関係ないものが名前だけ真似したものもあります。どちらにしても本部ではしんそうの会員とは関係ないところで施術を受けた方からの苦情が相当あったと聞きます。

無痛バランス療法を受けようと思って間違って行かれた方も災難ですし、真面目にやっている私たちも迷惑な話です。
そういう治療師は痛い治療が良いと思って施術するのでしょうから始めから無痛って書かなければ良いと思うのですが…

無痛バランス療法を習った人もであっても辞めてしまえば内容が脱線して行き、結局は形を整えられなくなるから施術前に検査をしても施術後の検査をしなくなったり、施術しても症状が改善しないから結局は痛いところを揉んだり押さえたりする人がほとんどだそうです。苦情の中には治療以前に人の道としてどうかと思うような内容のものまで報告されました。

まぁ、他の治療師がやっていることをこちらでとやかく言う問題ではないので、まずはしんそう療法を受けたい方が安心して受けられるものにする必要があったのです。

せっかく無痛バランス療法の名前が認知されつつあっただけにもったいないとは思いましたが、「形の医学・しんそう(漢字で書くと身と心を合成させた創作文字に相)療法」に呼び名を改め、商標登録までしたのです。

現在このしんそうを名乗るには一定以上のレベルに達し、会との約束をしたものに限られています。閉鎖的に思われる方もいるかもしれませんが、患者さんが本当に安心して受けられるものにするには大切なことなのです。

以下のロゴマークを掲げてあるところが本物のしんそうです。痛い施術もありませんし、患者さんに元気になってもらえるよう常に技のメンテナンスをしているものなので安心して大丈夫ですよ。

shinso-logo.jpg shinso-logo2.jpg

「形の医学.」と「形乃医学」2つのバージョンがあります。

西川緑道公園

徒歩で当院に行くのに西川緑道公園を通るコースがあります。西川の桜が満開になったときにこの話を書こうと思っていたら今日見るともう散り始めタイミングを少し逃しました。

西川緑道公園は岡山の中心部を南北に2㎞走る川と一体になった公園です。中心部とは言っても桃太郎通りから南のほうは賑やかなところもあるのですが、当院のある北のほうは静かなところです。

西川と言えば岡山の人なら誰でも知っているのかと思ったらそうでもありませんでした。
さすがに市内の人はほとんどわかると思いますが市外の人は意外と知らないものです。

3年前の話ですが玉野に住む60代の女性がバスで岡山駅まで来られ、公衆電話から当院に行くのにどうやって行ったら良いか聞かれました。当院の近くにはこれと言った目印になるものがないので私は西川沿いの道を説明しました。

私  「岡山駅を背にして西川沿いを左に入って下さい。交番があるほうじゃありませんよ。川は渡らずにまっすぐ行くと焼き肉屋が2軒あるのでそれを通り過ぎてスポーツ用品店の看板の隣にロックフィールドさんと言う楽曲屋さんと吉原乳業さんがあるからその間の道を入ったらわかりますよ。」
患者 「?????」
私  「だから西川を…」
患者 「西側っ言われても西も東もわかりません…」

どうやら西川を西側と思って何がなんだかさっぱりわからなかったようです。

患者 「人に聞きながら探して行ってみます」
私  「えっ、大丈夫ですか?」ガチャッ!


どうしても人に道行く人に聞いたほうがわかりやすいといって聞かず、また聞いた携帯電話も持ってない方だったのでナビすることも出来ず、さんざん迷いながら最終的には歩いてる人に携帯電話を借りて当院の前まで着いてきてもらって何とかたどり着きました。
当院の前までわざわざ着いて来てくれた親切な方には感謝ですし私も反省しました。

20070410233543.jpg

20070410233609.jpg

20070410233640.jpg

20070410233705.jpg

当院へはこの間を入ったらすぐなのですが道が小さいため見落とす方もいるので注意してください。

不妊症

今日は休みの予定でしたが前回の施術から8ヶ月ぶりに「腰がもう限界」という30代の女性からの電話をいただき、ご主人が休みの日にしか出れないだろうと思い施術をしました。

出産してからは2回目の施術の施術でしたが、もともとは不妊を何とかしたい理由で当院に来られたのがのきっかけでした。

腰痛や肩こりなど症状を訴えて来られる方は早い段階で体が楽になることが多いのでしんそう療法を理解してもらいやすいのですが
不妊となると「何回施術したら赤ちゃんができる」と言えるものでもないので、骨盤の歪みと子宮、卵巣、ホルモン等の関連や実績を説明してとにかく信じてもらうしかないのです。

軽い腰痛もあるのでそれを兼ねて、月2回ペースで奥さんに10回くらい、ご主人に3回くらいの施術をしました。

もうすでに他には症状もなくなっており、1年以上来院されなくなったのであきらめたのか、体の歪みを治すと不妊も改善することが納得できないのかと思っていると、去年のことですが「腰が痛くなった」と言うことで夫婦そろって来られた時に赤ちゃんを連れているじゃありませんかあ!

「あの時はお世話ななりました」とお礼をいただき腰も良くなったので今日までそれっきりだったのですが、今日も一緒に連れて来られたあの時の赤ちゃんも大きくなっててもう1歳、笑顔の可愛いお子さんでした。


受けてみないとわからない

昨日も書いたように今日は東京の研修に行く予定だったのが岡山在住の私は大阪の研修だけに変わり、普通通り施術することになりました。
今日施術することが浸透していないながらもボツボツと患者さんも来られましたがやっぱり東京が気になります。
時計を見ながら今頃新幹線に乗ってる時間か、会場に入ってる時間か、林先生の講義が始まる頃かと練習する時間か、研修が終わってみんなで食事してる頃かと1日過ごしました。
ところで昨日来られたどこに行っても良くならなかった方が今日も来らました。
昨日の段階では施術前後で形と動きが整ったことは理解していただけましたが、私の説明が下手なのもありますが、あまりにもソフトな施術のため「気でも入れてるのか?」とどうしても「気」とか非科学的なものと一緒にされがちでした。
しかし施術後、呼吸が楽になったらしく「昨日言ってた意味がわかるような気がする」とのことで続けて行けば良くなりそうなので今日も来られたそうです。
やっぱり、あれこれ理屈を説明されるより受けてみないとわからないものなのでしょう。

明日は普通通り施術

いつもなら明日は東京で研修会があり今頃は泊まりの準備をしている頃です。
しかし今月から私は研修会が大阪だけになり、こうしてのんびりするのも何か寂しい気がするものです。
明日は通常通り仕事することになり数名の予約は入れてはいますが、一ヶ月以上来られていない方には明日は研修で休むと言ってありますし、イーノというフリーペーパーにも休みと書いてあり、明日施術することは浸透していません。
多分、明日は土曜日にしては暇な一日になると思いますがこのブログを見ているがラッキーと思って来られることもありますし、予約電話がなければ桜も満開だしブログの素材でも…
明日になってみないとわかりませんがすることはあるでしょう。

ガンの特効薬?

そんな馬鹿な…

昨日の話の続きですが、そこの整体の院長が作ったと言われる
「手術をしなくてもガンが治る」というサプリメント。

もしそれが本当なら民間療法なんかで使っていないで
専門の研究機関に持って行くなり、
それ相応の場所で発表するなり、
論文を書くなりすれば
ノーベル賞でも受賞できると思うのですが…

一時期、マスコミでも問題として取り上げ逮捕者まで出たように
時々、民間療法の治療師の中にも騙そうとして言っているのか、
自分で本当にそう思い込んでいるのかわかりませんが
「ガンが治せる」とか公言する人もいるようです。

そもそも自分は何を治しているかの自覚はあるのでしょうか?

本当にごくまれにそう言う成功例があるのかも知れませんが
100%の効果をあげられるのでしょうか?

わずかな確率のために適切な処置ができずに
手遅れになってしまうことを考えると実に罪深い話です。

自然治癒であっても、何でもかんでも治る訳ではないのです。

いくらしんそう療法で体を構造通りの形に戻せばすべての系統の機能が改善するとは言っても、それですべての病気が治ると言うのと意味が違います。

しんそう療法にも内臓系の病気の様々な信じられないような改善例は確かにあります。

しかし常に病院の診断を優先し、しんそう療法と併用できるものを施術した結果なのです。

全系統が有効に働けるよう構造を正しい形に、つまり自然治癒しやすい体になるよう手助けしていますが、病気を治すのは自身の体なのです。
自然治癒は思った以上の効果を発揮しますが万能でもありません。

もしも、ガンとか命に関わるものであれば当然のことながら、専門機関で適切な処置をするのが先決です。

命あっての体ですから…。


サプリメント

先日あった問い合わせなんですが「そちらでは健康食品やサプリメントを売りつけたりするんですか?」という内容でした。
どうやら以前行っていた骨盤の歪みを治すという全国チェーンの某美容系の整体でやたらとサプリメントなどを高く売りつけるらしく「これを飲まないと整体だけでは治らない」ように説明するらしい。
歪みを治すのにサプリは必要ないと思うのですが…

結局、そこの院長が作ったサプリを飲めば「手術をしなくてもガンが治る」とまで言うことに怪しく思ってやめたそうなのですが、他にも整体などでサプリメントや健康食品、マットやベッド、健康器具に訳のわからない石やネックレスなど色々なものを売りつけるところがある話はよく聞きます。

しんそう療法では、知ってる人はわかると思いますが物をあてがったり機械や器具を使うこともなく、サプリメントや健康食品を売ったり勧めたりすることはありません。

なぜなら身体の歪みが治り、構造通りの形になればこれらのものは一切必要ないからです。
なぜ体が歪むといけないのか?内臓を含めた全ての系統は互い関与しあい、体が歪むと体全体の構造異常により、全ての系統に影響が出で体が100%の力を出し切れないからなのです。
いくらサプリや健康食品を飲んでもそれを体の構造通り、十分に消化吸収して体に取り込まないと十分には効きません。
でも体が構造通りの働きをしていないから体調が悪いはずなのです。
本来、体が構造通りの機能をしていれば普通の食事だけで健康でいられるように出来ています。

愛用しているサプリメントや健康食品があって、「これを飲んでいると調子が良い」という方に飲むのをやめるようには言う訳ではありませんが、特に何かを勧めることは一切ありません。

これは私個人的な考えですが、普通の食事に比べて自然界にないものやある一定の要素だけを取り出したものはリスクも高いとも思います。
例えば普通の食事で油っこいものを食べ過ぎたら、次の日はさっぱりしたものが欲しくなるように食事だけならある程度の制御がききます(とは言っても食事の栄養バランスは気をつけましょう)。しかし薬や健康食品、サプリメントはもしも過剰摂取したとしても体そのものの制御する装置がきかないのではないでしょうか?

花見シーズン

当院の西隣は法随稲荷という神社、東は楽器店を挟んだら西川緑道公園、この時期の当院は東西の桜木に囲まれて意外な花見スポットに変わります。
西川沿いを歩いて来られる患者さんは桜の話題をよく口にされます。やっぱり日本人は桜が好きなんですね!
電車やバスで当院に来られる方はもちろん、いつも車で移動される方もたまには健康のため、のんびり歩いてみるのも良いものです。
でも当院が花見スポットになるからと言っても院内で飲食は出来ませんよ。

20070402232932.jpg

桜の木の奥にあるのが当院です


20070402232950.jpg

バスで当院に来るなら「西川」で降りて
信号を渡って(交番のないほうです)北へ

4月1日

年が明けたと思ったらあっという間にもう4月。新しい年度が始まりました。
今日は久しぶりの完全オフで桜も咲いて花見のシーズンと思っていたら今日はあいにくのお天気で…
することもないので何となく仕事場に行ってしまう私も案外仕事中毒なのかも知れません。
とは言っても仕事場をあけておくと、今日も当院が予約制と知らず飛び込みで初めての方がやってきました。
体が不調になるのは365日関係ありません。休みの日でもつらそうにしているのを見ていると、せっかく来られたんだからと思って治療はしてしまうものです。
とにかく今日から新年度、「気持ちを新たにして頑張ります。」と言う言葉を気軽に口に出来るようにするため、4月1日がエイプリルフールなのでしょうか?


当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSフィード
リンク