8月も終わり

今日で8月も終わり明日から9月。この猛暑にもかかわらずたくさんの患者さんが当院を頼っていただき感謝するとともにこれからも期待に応えられるよう益々気が引き締まる思いです。

学校では夏休みが終わり、一年で言えば今年も3分の2に到達しました。時間がたつのはあっという間と年々思います。でも8月は学生の頃や子供の頃もあっという間に感じていたものです。

夏休みが始まるときはあれもしよう、これもしようと思いながら、「今年も何もしなかったなぁ~」と思うのがこの季節。

何もなかっなぁ~と言いながらもマッサージの学生時代は1年時に夏休みに臨時実習があり初めて患者さんに触れたこと。2年時は臨時で整骨院を一人でやったこと。3年時は病院のリハビリでアルバイトをしていたので入院の患者さんを見せてもらったこと。しんそうに入ってからはカナダの研修に行かせてもらい初めての海外旅行。数えたらそれなりに夏の思い出はあるものですね。

身長

このところ30代の患者さんから健康診断をしたら身長が伸びていたという思いもよらない報告が相次いでいます。

確かに曲がっていたものが真っ直ぐになるだけで長くなるのは容易に理解できるでしょう。伸びたと言っても1~2センチくらいのものですがやはり嬉しいものです。

実は私自身もその中の一人なのです。

3月生まれの私は小学生の時にクラスで1列になると常に前から3番目か4番目でした。中学生になって急激に身長が伸びて160センチの大台はあっという間に突破したものの、高校生になって勢いが衰え170センチに届く手前で止まってしまいました。

人から身長を聞かれた時は170センチとサバを読んでいましたが…、実は何度計っても計る時に無理に体を伸ばしても168.5センチ。

そっ、それが、3年前のことです。保険会社の知り合いに頼まれて病院で健康診断をする機会がありました。

身長も計ってもらったのですが「はい、170.1センチ」。そう言われた私ははじめキョトンとしてしまいました。

計測器がおかしいのか?計り方が悪いのか?色々考えながら帰ってるうちに一つの答えが見つかりました。

「そっか~、自分は研修会で練習しているうちにしんそう療法を何度も受けているから身長も伸びたのかあ!」

わずか1.6センチの伸びですが大台に乗るか乗らないかは自分にとって大きいことで、帰り道が嬉しくてたまらなかったことを覚えています。

練習相手にお礼をしなきゃ!と思いながらまだ何もしていませんが…

骨のゆがみ

当院には様々な症状で困っている方が来院されます。でも共通しているのはどこの具合が悪くても、身体は歪んでいること。病院の待合室で整った身体の方は見かけないでしょう。

しんそう療方は身体を元気な時の形に戻す治療法のため、歪み(ゆがみ)について説明します。背骨が右(左)にカーブしている。右(左)肩が下がっている。骨盤が右(左)に捻れいる。頭が右(左)に傾いている…

見たままのことを指摘するだけなのですが、大事なのはその先にある歪みの原因を診る検査です。手や足の動きを左右比較する検査法なのですが、右と左が同じように動かなくなるから歪みは出来るのです。

背骨や骨盤の歪みを指摘するので「骨が悪い」と思う方がけっこういます。

しかし骨には原因はありません。歪みを作るには何かの力が働くはずなのですが骨そのものは動く力は持っていません。筋に引っ張られて骨は動くのです。筋は背骨から直接的、または間接的に手や足につながっています。手足が左右対称に引っ張ってはじめて背骨が中心にあるのです。

しかし手足は自分の意志で動くためどうしても動きに偏りができ、筋の状態に左右差が生じます。それに応じて骨は引っ張っられる部分と押されると部分が出来るのです。

「歪み」についてはあちこちで言われているようですが、身体は「歪んでいる」と言うより手足によって「歪められている」と言ったほうが本当は正しいのです。

猛暑

連日のように猛暑が続き、群馬や埼玉、岐阜などでは40度を超えたと聞きます。

岡山市内でも37度という、体温より高い気温が続き、来られる患者さんとの一言目は「暑いですね」から始まることが多いです。とは言っても一日中冷房の効いた治療室で過ごす私は恵まれてるのかも知れませんね。

今週から少し猛暑が緩むという予報ですがあてになるのでしょうか?

ところで「猛暑で体も歪む」と言ってピンとくる人はいないでしょう。

しかし暑さであっても寒さであってもストレスを受けて疲れきっている体をみて真っ直ぐの人はいません。暑さと言うストレスを受け、疲れている体は重力に対する抵抗力も失い、姿勢は崩れ動きにくくなります。

一般には腰痛や肩こりは温めたら良いと思っている人も多いようですが、もしそれが正しいのならこの時期に腰痛も肩こりもいないはず。

でもこの時期も腰痛や肩こりを訴えて当院に来られる患者さんはたくさんおられます。

と言うことで今週からほとんどの会社も夏休みが終わり、仕事モードになることでしょうし、私も気を引き締めて頑張りたいと思います。

墓参り

14日15日と実家の広島で過ごし、今日(と言ってもこのブログを書いてるうちに日付が変わったので正しくは昨日の話になりましたが)は墓参りに行ってきました。

ここ数年は毎年、お盆には墓参りをしています。毎年行くようにしたらもし行かなかったら何だか気持ち悪く感じるようになりました。

恥ずかしい話ですがここ5~6年前まで先祖の墓参りなんて行ったことがありませんでした。

しんそうの考え方として聞く話に、私たちは周りの環境に生かされていること。

例え身体を治したとしても周りの環境が良くないと健康になれないそうです。例えば水がないと生きて行けない、空気がないと生きていけない、光がないと…、火がないと…、土がないと…、そして先祖がないと私たちは存在していない。

とは言っても私自身は普段は相変わらず先祖のことなど考えもせず罰当たりで神信心とはかけ離れた生活をしていますが、お盆の時くらい自分自身のルーツを大切にしなくてはならないと感じたのです。

研修会の講義で余談としてたまに聞く話なのですが、それぞれの人に先祖代々の宗旨宗派があり、そのおかげで自分自身が存在しているのだと…

色んな考えの人がいて何が正しいとはあえて断定しませんが…、単なる個人の考えで代々の形を崩し、宗旨換えをしたり新興宗教に走るのは実に身勝手なことに思います。

自分自身のルーツ、つまり過去を大切にすることで未来が平穏に安定するそうです。

夏期休暇

もう世間では季節ラッシュが始まっているそうですね。この夏、国内外へバランスを過ごす方もたくさんおられるでしょう。

さて当院では14(火)、15(水)と夏期休暇を頂くことにします。私もちょっとだけ帰省して墓参りに行く予定です。

花火大会

昨日は岡山市内で台風のため延期していた花火大会がありました。

当院の周辺は会場から近い割には周りの建物囲まれているため音だけ聞こえて肝心の花火は全く見えません。

花火が始まった時間には予約が入っていないので退屈なものです。
仕事が終わった後になって人ごみに行くのも大変なので、少し見える場所に移動。

でも穴場スポットも人でいっぱい。あらためて口コミの力に驚かされます。

きっといつの日かしんそう療法も口コミの力で誰もが知っている療法になることを信じて今日も頑張るのです。

20070809213523.jpg

20070809213549.jpg

20070809213615.jpg

20070809213646.jpg

20070809213709.jpg

岡北大橋にて

うらじゃ

昨日は休みだったので買い物でも行こうかと思って街中にでました。

お祭りには行くつもりはなかったのですが、賑やかな音楽が聞こえたのでついつい市役所通りの方に足が向き、見入ってしまいました。

そう、うらじゃ踊りです。

私は岡山で生まれ育った訳でないので踊りまでは知りませんが、歌が耳に残ってしまいました。晴れ晴れ大空吉備の国~♪

お祭りって良いものですね!結局、買い物するのを忘れて帰ってしまいました。

被災地ボランティア

新潟県の十日町で開業しております「しんそう越後十日町」では新潟中越沖地震被災地の皆さんにからだの形を整える「しんそう」のボランテアをさせていただいているとの連絡が入りました。一人でも多くの被災地の皆さんの目に、耳に入って、お役に立てることを願って本ブログにも書かせていただきます。

このブログを読まれた方で、もしお知り合いの方が被災地におりましたら「しんそう」がボランテアをしていると教えて下さいましたらと願います。

避難所での生活は想像を超えるほど過酷だと聞きます。またニュース等では台風の影響もあって日本海側は大変暑くなっていると聞きます。

体の形を整えるということは、厳しい環境にあってそれに適応できる体に整えるという意味ですし、「楽になった」と先の中越地震の時のボランティアでも大変喜んで頂いたと聞いています。また避難所の方だけではなく、復旧作業、ボランティアに関わる方たちも大変お疲れなのではないでしょうか?

「しんそう」を通じて少しでも喜んで頂けるならと思うばかりです。


 「しんそう」ご希望の方は下記にお申し込み下さい。

  柏崎市災害ボランティアセンター
          0257-21-4122

  柏崎市災害ボランティアセンター西山
          0257-47-2505

  刈羽村災害ボランティアセンター
          0257-45-2316

詳細につきましては、こちらのブログまたはHPをご覧ください。

しんそう越後十日町

HP
http://www.moeyo-shinso.com/

ブログ
http://shinso-echigo.cocolog-nifty.com/

整骨院での経験③

8月に入り学校は夏休み。この時期には夏休みを利用して施術に来られる子供さんもいれば、家に子供がいるから、いつもより頻繁には施術に来られないお母さん、お孫さんが岡山に来るので少しの間、施術を休まれるお年寄りもいます。やはり8月ならではというものでしょうか?

私が学校に通いながら整骨院で働いていた年の夏休みはある意味で貴重な経験をすることが出来ました。

学校が夏休みに入る少し前に私が働いていた分院の院長が開業する為、7月いっぱいで辞めることになったのです。私は学校が夏休みなので夕方の仕事も出たり、本院の先生に応援に来てもらうこともありましたがどうしても都合がつかない日は実質私一人でやらなければならならなかったのです。

新患が来た時はもうパニックです。 レセプトのコンピューターの操作は不慣れですし、慢性の肩こりや腰痛の患者さんなら何とかなりますがギックリ腰など急性のものは自信がありません。まして捻挫や脱臼などの外傷の場合は私にはどうにもなりません。幸い私が一人の時は外傷の患者さんは来られませんでしたが…

整骨院に一人でいた時、夜のマッサージと整骨院で自分自身の手の痛みや首の痛み、肩こりがピークに達したので自分で低周波を当ててみました。でも痛みが楽になるどころかヒドくなる、「付け方が悪いのかな?」、ローラーベットに寝るとローラーが背骨に当たって痛い「なぜだろう?」

院長がいた時には気づかなかったのですが、私一人になった時に同じようにローラーベットに寝ると痛がる患者さん、腰の牽引機で調子が悪くなる人が何人もいたのです。

この理由はしんそうを習ってから気づくことなのですが、その頃はそんなこと考えている余裕はありません。

初めての整骨院のアルバイトをはじめて半年もたたないうちに一人でやるはハードでしたし力不足なのは当たり前ですが、私にとっては充実していました。もしかしたら仕事をして充実感を味わえたのはこの時が生まれてはじめてだったのかも知れません。

9月から新しい院長が来て勤めていた整骨院も少し落ち着きましたが、ちょうどその頃他の近くの整骨院から人づてで私に引き抜きの話が来たのです。

時給850円から千円以上に上がるのはおいしい話だったのですが、さすがにお世話になってる職場の近所には行く訳にはいきません。まして引き継ぎが出来たばかりの時期に…

返事も出来ないままあっという間に10月。私はしんそうの研修会に初参加する機会がありました。

それから毎月のようにしんそうの研修会に参加していくうちにいつの間にか充実しているはずの整骨院の治療内容が虚しく感じるようになるとは8月の時点では夢にも思いませんでした。

先生が辞める前に言われたことがあります。

「マッサージや鍼灸の学校を出たところで保険を扱うのが難しく、実費治療では簡単には食べられない。柔整(整骨院)の学校に行くなら推薦状を書いてあげるからその時はいつでも言ってくれ」と。

確かに保険治療だから何年もの間、毎日のように来られる患者さんもたくさんいます。実費治療では有り得ないことです。

しかし、しんそうにハマると 柔整や鍼灸やマッサージという資格の違い、保険が使えるか使えないか、食えるか食えないかそんなことどうでも良く思えてくるのです。

なぜならしんそうは本当の意味で結果が見えるから、結果の出せる治療師になりたい。その場だけでなく人生を変えてあげられる治療師になりたい。それから、しんそうを世の中に広めたいということに意識が向いていくのです。

当然、柔整の道へ行こうと考えなかったのは言うまでもありません。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSフィード
リンク