マッサージの治療院

前に整骨院で働いていた頃の話を書いたので、今度は出張のマッサージ治療院で働いていた頃の話を書こうと思いつつもどこから書いたら良いかと思うくらい話がたくさんあります。

今でこそ「しんそう療方」の効果をより高めるために、患者さんに揉んだり押さえたりしないようにお願いしていますが、かつて私は「揉んだり押さえたり」のマッサージの仕事をしていました。まぁ、当時按摩マッサージ指圧師になるための学校に通っていたので、アルバイトもマッサージの仕事を選ぶのは普通の流れなのですが…

マッサージを始めた頃は「しんそう」を知る前のことですから、それが単なる「対症療法」であることに疑問を持てないのもさることながら、それが「治療」というのには遠く及ばない「慰安」であることさえ考えもしませんでした。

これからしんそうとの違いを説明するために私が気づいたマッサージの問題点や矛盾を書くこともありますが、個人的には働いていたお店には大変お世話になりましたし実はそこの先生には今でも感謝しています。

でも「しんそう」を知らないから、健康であるための基本の形を知らないから、具合の悪い体がどうなっているのか検査することを知らないから、結局は痛いところを揉んだり押さえたりするのが世間一般の治療だと思います。

少しでも「しんそう」の考えを理解して人生が変わる人がいればと思い書くべきことは書いていきます。

広告

更新をしようしようと思いながらなかなか出来ないものですね!この2日間、広告の原稿を考えていました。

来月号のイーノはリフレッシュ特集があります。いつもより広告の枠が大きくなるので新たに文章を考えなければならなかったのです。

毎回広告を考える時は頭を抱えます。しんそう療方のことは広告屋さんにはわかりませんし、どんな広告をするにしても自分で考えなければなりません。

書きたいことは山ほどあるのに広告には枠が決まっています。まず一度書いてみると長くなり過ぎて、どれを削るかいつも悩んでいるのです。

まぁ、無制限に文字ばかり長く書いても誰も読まないでしょうけど…

だからと言って短くしても意味が伝わりません。気合い入れて書いた割に効果がさっぱりだったり…

具合の悪い人が多くても、しんそう療方が一般人の想像力を超えたもであるが故に文章ではピンと来ないことが多くあります。

広告に前後写真を載せて「無理のない動きで調整する」とか「優しい施術」とか「無痛」とか書いているのに、最初は痛い施術を覚悟して来られる方もたくさんおられます。

本当に痛くないってばぁ~

本当に広告を考えるのは難しい。やっぱり施術している時のほうがどんなにか気が楽なことか…

「もう広告は辞めよう!」と思う時があっても、口コミだけでは巡りあえない方がしんそうを受けて良くなって喜ぶ姿を見る度に「出して良かった!」とまた思いなおすのです。

明日の日曜日は休みますが、明後日の祝日は普通通り施術します。

広告が患者さんにとって良い縁になれるよう頑張ります。もちろん紹介で来られる方にとっても…

久しぶりの更新

このところブログをサボっていましたが久しぶりの更新です。

この仕事をしていて患者さんによく聞かれることがあります。

「先生は痛くなったらどうするんですか?」と。

そりゃ私たちも手足を使って仕事をしているのですから調子が悪くなることもあります。

なにが原因なのか知っている私たちは世間一般にある対症療法では形が整わないのを知っているため、当然のことですがマッサージや整体に行くことはありません。

前にも書いたと思いますが月に一度は研修会があるのでお互い治しあってメンテナンスをします。

しかし次回の研修会まで1ヶ月以上、今日は広島の水野先生が当院にやってきました。

練習を兼ねてお互い治しあい、普段私が施術している場所で逆に自分がしんそうを受けるのも妙な気分です。

でも楽になったので明日からの仕事も頑張れそうです。

ところでしんそうの治療所が少ない中国地方でやっている私たちは、他県または遠方から多くの患者さんが来院されます。

逆に私たちも治療を受付るため遠くまで行くのも当たり前のことでしょう。

特別研修 in 熱海

先日の8日~9日は年に一度の特別研修でした。

昔の研修会は土曜日の夜から明け方まで練習し、日曜日はまた朝から研修というのが毎月でした。今は通常の研修会が土曜と日曜の昼間になったので、こういった合宿の研修会は年に一度、この9月の特別研修だけです。

昔の研修会を知っている私はこの泊まり込みの特別研修を毎年楽しみにしています。夜が明けるまでたっぷりと納得のいくまで練習すると充実できますし、結束も強くなれるのです。

それから特別研修でしか聞けない話もあります。もちろん今回も思った通りのすごい内容~来る度に得したような思いです。

ここ数年は大阪の箕面でやっていましたが今回の合宿は静岡の熱海。

20070912003403.jpg


私にとって熱海は高校の修学旅行以来です。せっかくの温泉地でやっても遊びに出る訳でもなく、ひたすら練習ばかりするところがしんそうの真面目なところ。宿泊したホテルに3つもある温泉も時間がなくて結局は明け方に1つ入っただけ。露天風呂に入れなかったのは少し残念かも?

つい前まで泊まりの研修は何ともなかったのですが…、一年ぶりのせいなのか?年齢のせいなのか?寝不足には応えるようになりました。 月曜日は仕事は仕事が終わるとバタンキューで、このブログも書けませんでした。

今回、新しく出た専門家向けの本「しんそう療方 」(エンタプライス発行)もじっくり読もうと思いながらも睡魔に襲われて明日以降になりそうです。

さんすて

この週末は熱海で合宿があるので仕事が終わった後、岡山駅まで切符を買いに行きました。

岡山駅が大改装をし、さんすての北館がオープンしたのでついでに見てみようと思ったところ行った時間が遅すぎてさすがにほとんど閉まっていました。

先月の大阪研修の帰りも通ったのですが人が多く私も疲れていたので一階しか見ていないので二階の方はまたの機会ということに…

でも岡山駅が改装してお洒落な店がたくさん出来たらしいのですが、お洒落なお店は私自身にはあまり用はなさそうです。

岡山駅周辺が賑やかになるのは良いことです。

ただ私は普段は在来線に乗ることがないのでよくわかりませんが、当院に電車で来られる患者さんにとっては駅が改装して東口改札がなくなったので、遠くなったという話です。

私が楽しみにしていることは、当院の近くにビッグカメラがオープンすること。
今使っているパソコンの容量が小さく、色んなソフトを入れたりウィルス対策ソフトを稼働させると重たくなってイライラすることが多いのです。

オープンセールで大安売りしないかなぁ~

散髪

今日は昼間に時間があったのでいつも行く近所の散髪屋に行ってきました。

行く度に鏡を見たら白髪が増えてて自分も年をとったんだなぁ…と。

顔そりの最中にうとうとしていたら転送していた携帯が鳴って、1時間後に来たいと言う患者さんからの連絡が入ったので少しは気持ちがシャキッとしました。

いつものように散髪後に「マッサージしましょうか?」と聞かれました。断ることも多いのですが、週末に研修会があるから誰かが治してくれることを期待して勉強を兼ねて思いっきり軽く形だけやってもらいました。

「張ってますね~」と、そりゃ私だって手や足を使って生活してますし仕事をしてますから歪みますし、その結果、肩もこります。

しかし凝ってるとか張ってるからといってむやみに揉んだり押したりするとその圧刺激に対して体は防御しようと働くからより硬くなるのです。

私はよくマッサージを断ったりするのでそのことを説明すると、やはり「マッサージが好きでよく按摩に通ってるお客さんがいるんだけど確かに肩や背中が石のように硬くなってる」と納得していました。

私は5年近くマッサージ店で働いていたのでそのことは自信をもって言えます。

前にこのブログで整骨院での経験談を書きましたが、今度は近いうちにマッサージ店での経験談を書く予定です。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク