転載

最近のことですが同じ、しんそう療方をやっている仲間のブログの記事が他の怪しげなブログに転載されているそうです。

確認してみたら何の目的でやってるのかわかりませんが、見るからに怪しげなブログに記事をそっくりそのまま転載していました。

今のところこのブログがそういったものに転載されているのは確認出来ていませんが、いつ転載されてもおかしくはないということです。

全く関係のないことを書くこともありますが、私たちはいかにしてしんそう療方を伝えるか真面目に考えて書いたものです。

遊び半分で書いたものではありません。本当、腹がたちますね~

ビックカメラオープン

明日23日(金)は祝日ですが当院は普通通り施術します。また明後日24日(土)は研修会に行くため午前中のみの施術になります。明後日は予約が全て埋まっていますので休みの日しか動けない方は明日の祝日にお願いします。

ところで先日の20日(火)、旧岡山会館跡地にビックカメラがオープンしました。

当院からは近い場所です。ちょうどプリンターのインクが切れていたのでオープン初日に行ってみました。すごい混雑ぶりです。

これまではプリンターやファックスのインク、パソコンの用紙やCD-R、蛍光灯が切れる度に予約が入っていない時間を狙って車を出していたことを思うと歩いてすぐのところに電気店が出来るのは便利なことです。

でもあれこれ見すぎると欲しくなって余計なものまで買ってしまうので注意しないと…

20071122154435.jpg

もらっても仕方ない物なのに、タダで配ってた風船を並んでまでしてもらって帰るなんて、本当に年甲斐もありませんね。

骨盤の歪みを治して本当に痩せるのか?

先日のことですが、あるサイトから当院のホームページをリンクされていて、相互リンク依頼のメールが来ました。

腰痛や肩こりなど様々な症状に苦しんでいる方が頼るサイトなど、もしそういう方のお役にたてるならと思い相互リンクを快く引き受けることもあります。

しかし今回きたのは骨盤ダイエットのサイトです。ダイエット目的で体の歪みを治している訳ではありませんし、そもそも骨盤の歪みを治して痩せられるという科学的根拠はあるのでしょうか?何でもかんでもリンクされれば良いというものではありません。

しんそう療方の考え方が誤解される可能性があるのでメールを送り、当院へのリンクを削除してもらいました。

骨盤は左右の寛骨(腸骨、座骨、恥骨を合わせたもの)と仙骨、尾骨で構成されます。骨盤が歪むとは左右の寛骨の位置に違いが出来たり仙骨が体の中心にない状態のはずです。しかし、寛骨も仙骨も筋の力なしに動くことはありませんしズレることもありません。

骨盤は足を動かす筋つながっており、左右の足に違いが出来きると体を真っ直ぐに支えることが出来ないので当然のことながら骨盤も歪みます。また広背筋という手の動きと関連する筋ともつながっていて上半身の比重に違いが出来ても歪みます。

しんそう療方は手足の左右を揃えることにより体を真っ直ぐに支えることが出来るので、背骨が体の中に戻るのと同時に骨盤の形も整います。

あちこちで骨盤、背骨、顔など体の一部分に対する歪み治しが流行っているようですが、例えば骨盤の歪みを治すには全身の形を整えないと骨盤も整いません。

全身の形を作っているのは左右の手足であり、左右の手足の動きの組み合わせによって全身の形が出来るのです。だからしんそうは手足を検査して手足を揃えいるのです。

さて、骨盤の歪みを治すと本当に痩せられるのか?

確かに何年も施術をしていると、ウエストの形が変わったり細くなる人もいて、入らなくなったパンツがはけるようになったと喜ばれることはよくあります。

体が真っ直ぐになるだけで引き締まって見えることもよくあります。

少数ですが本当に体重まで減ったという報告も聞きました。

しかし体の歪みを治すのは重力のかかる環境下でもっとも適応できる、設計図通りの基本の形に戻すことにあります。

例えば標準体型の人が歪みを治して、さらに痩せられるとは考えられません。歪みを治しさえすれば誰でも痩せられる訳ではないのです。

しかし、ダイエットするために運動したり食事を変える、そのための体づくりならしんそう療方はお手のものかも知れません。

ブレスレット

先日、新聞やニュースで報道されたように血液サラサラをうたい文句にブレスレットを売りつける業者が逮捕されたそうです。

実際にそこで被害にあわれたのかは定かではありませんが、当院に来られる患者さんの中にも「健康に良い」と名前のついた高価なブレスレットやアクセサリーを身に付けて来られる方がおります。

しんそうではむやみにこれらの「健康…」を付けないよう指導するのですが説得してもなかなか理解を得られないこともあります。

付けた状態と外した状態で手足の動きを検査してみればはっきりわかることなのですし、「健康…」を付けても調子が良くないから当院に来られてるはずなのです。でも具合の悪い方は何が良いのかわからないので健康に良いとされるものを全部取り混ぜてやればもっと良くなると思っているのでしょうか?

中には「高かったのに…」と愚痴を言う人もおりました。 私が売りつけた訳ではないのですが…

身体が健康を取り戻す第一歩は原因を取り去ることではないでしょうか?

ゲルマニウムとかチタン、磁器と言った成分を問題にしている訳ではありません。成分に何の効果があるのかはわかりませんがブレスレットの重み、つまり負荷を腕に着け続けることがどれだけ体に負担をかけるかを問題にしたいのです。

基本的な体の姿に全く力学的な力が加わらなければ歪むこともなければ具合が悪くなることもありません。

しかし私たちは重力と言う力に逆らって左右互い違いにバランスを取りながら生活しています。

常に二本足で体を支えて左右の手でバランスをとっています。足にクセができると真っ直ぐに体を支えれませんし、手で荷物を持つことにより上半身の比重に偏りが出来ます。 このようなアンバランスな状態で一定の姿勢を保持するには全身に力学的なストレスがかかるのです。

しんそうではこのような力学的なストレスから解放させるために左右の手足を揃えて重力をはじめ様々な外力に対して適応できる身体に戻しているのです。

全身に力学的なストレスがなくなるために体が本来の機能を取り戻し、腰痛や肩こりなどの整形外科的なものに限らず循環器系や消化器系などといった内臓系の嬉しい改善例もたくさん起こるのです。

つまり手足のアンバランスが歪みを作る原因であり、腕に負荷をかけるブレスレットは全身に余計な力学的ストレスをかけていることになるのです。

そんなこと言ってたら時計もつけれないし、お洒落もできない?

確かにそうなのですが、日常生活そのものが全身にストレスをかけていることそのものですから腕時計やお洒落で付けているブレスレットもその一部だと思えば良いのです。

重力のかかった地球上で仕事やスポーツ、家事に至るまで手足を使って生活する以上はこの力学的ストレスから逃れることは出来ません。だからこそ、何をやってもよいから時々体を整えてメンテナンスをすることを勧めているのです。

ブレスレットや腕時計が全身に負担をかけることを知っていれば家にいるときは外すでしょうし、体調の悪い時は付けないでしょう。しかし健康に良いからと信じて付けているブレスレットが体に余計なストレスを与えてるだけなら付けないほうが良いのではないでしょうか?

世の中には様々な健康と名のついた商品がたくさんあります。しかし全身のバランスを整えるものは一つもありません。中には高価なものもあり大金をはたいて買われた方もいると思います。これらの方がこの報道を見てどう思っているでしょうか?

11月

月が変わる度に言うのですが、月日が流れるのが本当早く感じます。もう11月。年が明けるまで2ヶ月を切ったんですね。

明日は文化の日、祭日ですが当院は通常通り施術します。

明後日の4日は休みですが法事のために広島に帰る予定です。

祖父の33回忌になるのですが父が主催するのは今回が最後になるからどうしても帰って来いと言う話なのです。

祖父については私は幼い頃のかすかな記憶が残っていますが法事には子供の頃に1度か2度行ったくらいで13回忌さえ行ってない私は罰当たりかもしれませんね。次の50回忌?は父の年齢からして生きてるかどうか微妙だから引き継きたいと言うことなのです。

私は今までこういった親戚の集まりから逃げ回っていたのですが今回は逃げれそうにありません。

それに始めは3日にしようとしていたみたいなのですが私が3日は仕事だから言う理由で無理やり4日に変えてもらったのです。

と言うことで明日は法事の予定を無理やり変えてもらってまでする仕事ですから頑張らないと。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク