11月後半

もう11月も後半ですね。

気がついたら冬がやってきて、今年が終わるのもほんのわずかで年末年始どうしようか考える時期なんだと…

年末年始のことはまだ未定で何も考えていませんが、ギリギリになってバタバタするのは毎年恒例のような気がします。

朝晩は冷えますが、11月も半ばなのに昼間は暖かく冬という気分にもなれないかも?

明後日くらいから寒くなるという予報なので冬は確実に近づいているのでしょう。

急性の症状

朝晩寒くなってきたせいか、最近はギックリ腰とか寝違いなど、急性の症状で来られる方が増えてきたように思います。

急性の症状であっても、どこかが痛い場合はやはり体が歪んいます。体の形を健康な時の状態に戻しておけば自然と痛みは収まっていきます。

しんそうを理解している患者さんは、痛くなったらギックリ腰や寝違いを起こしたら、すぐに来院され、痛みの残ってるうちはなるべく無理をせず続けて来られるので回復も早く、後々も調子が良いのです。

しかし、初めて来られる方の一部には、患部をあまり触れないしんそう療方にいまいち納得されない方や治りかけてもまたハードな仕事をして痛みが再発する方がいるのも事実でしょう。

痛みの起こる患部は原因ではありません。

原因は色々あっても、共通していることは体、おもに手足を使うからなのです。

手足の動きを調整して体の形を整えることは体の仕組みを知っていれば理解できる内容なのですが、何も知らない、まして痛くて我慢の出来ない時にわかってもらうことは無理と言えば無理なのかも知れません。痛い場所を何とかして欲しい気持ちはわからないこともありません。

しかし痛い場所、つまり傷口を押さえたり揉んだり捻ったりすることが体に良いとは思えないのです。

慢性の腰痛で悩まれてる方に話を聞くと、ギックリ腰のような急性の腰痛がきっかけで慢性の腰痛になったと言う方が少なくありません。

痛い場所にあれこれして、かえって治るのが長引いた方もたくさんいるように思います。

明日の仕事のことより、まず治すことに専念して、急性のうちに適切に整えておけば、慢性の症状で悩ますに済むのになぁ~とよく思うことはよくあるのです。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク