ブレスレット

先日、新聞やニュースで報道されたように血液サラサラをうたい文句にブレスレットを売りつける業者が逮捕されたそうです。

実際にそこで被害にあわれたのかは定かではありませんが、当院に来られる患者さんの中にも「健康に良い」と名前のついた高価なブレスレットやアクセサリーを身に付けて来られる方がおります。

しんそうではむやみにこれらの「健康…」を付けないよう指導するのですが説得してもなかなか理解を得られないこともあります。

付けた状態と外した状態で手足の動きを検査してみればはっきりわかることなのですし、「健康…」を付けても調子が良くないから当院に来られてるはずなのです。でも具合の悪い方は何が良いのかわからないので健康に良いとされるものを全部取り混ぜてやればもっと良くなると思っているのでしょうか?

中には「高かったのに…」と愚痴を言う人もおりました。 私が売りつけた訳ではないのですが…

身体が健康を取り戻す第一歩は原因を取り去ることではないでしょうか?

ゲルマニウムとかチタン、磁器と言った成分を問題にしている訳ではありません。成分に何の効果があるのかはわかりませんがブレスレットの重み、つまり負荷を腕に着け続けることがどれだけ体に負担をかけるかを問題にしたいのです。

基本的な体の姿に全く力学的な力が加わらなければ歪むこともなければ具合が悪くなることもありません。

しかし私たちは重力と言う力に逆らって左右互い違いにバランスを取りながら生活しています。

常に二本足で体を支えて左右の手でバランスをとっています。足にクセができると真っ直ぐに体を支えれませんし、手で荷物を持つことにより上半身の比重に偏りが出来ます。 このようなアンバランスな状態で一定の姿勢を保持するには全身に力学的なストレスがかかるのです。

しんそうではこのような力学的なストレスから解放させるために左右の手足を揃えて重力をはじめ様々な外力に対して適応できる身体に戻しているのです。

全身に力学的なストレスがなくなるために体が本来の機能を取り戻し、腰痛や肩こりなどの整形外科的なものに限らず循環器系や消化器系などといった内臓系の嬉しい改善例もたくさん起こるのです。

つまり手足のアンバランスが歪みを作る原因であり、腕に負荷をかけるブレスレットは全身に余計な力学的ストレスをかけていることになるのです。

そんなこと言ってたら時計もつけれないし、お洒落もできない?

確かにそうなのですが、日常生活そのものが全身にストレスをかけていることそのものですから腕時計やお洒落で付けているブレスレットもその一部だと思えば良いのです。

重力のかかった地球上で仕事やスポーツ、家事に至るまで手足を使って生活する以上はこの力学的ストレスから逃れることは出来ません。だからこそ、何をやってもよいから時々体を整えてメンテナンスをすることを勧めているのです。

ブレスレットや腕時計が全身に負担をかけることを知っていれば家にいるときは外すでしょうし、体調の悪い時は付けないでしょう。しかし健康に良いからと信じて付けているブレスレットが体に余計なストレスを与えてるだけなら付けないほうが良いのではないでしょうか?

世の中には様々な健康と名のついた商品がたくさんあります。しかし全身のバランスを整えるものは一つもありません。中には高価なものもあり大金をはたいて買われた方もいると思います。これらの方がこの報道を見てどう思っているでしょうか?

コメント

非公開コメント

寒くなりましたね。じっくりと見た訳ではないのですが西川添いの木もまだまだ紅葉って感じではないですよ。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク