マクロで健康を考える

しんそうの特長にマクロで身体を診ることがあります。

それに対して病院などの西洋医学はもちろん多くの民間療法や各種療法はミクロで身体を診ています。

ミクロ、つまり多くの療法は悪いところや痛いところ、病気の部分を個別に診て対処しているのです。

ミクロで診ることの全てが悪いとは思いませんが、ミクロで診るなら何だかんだと言って病院などの現代医学が最も信頼出来ると言えるでしょう。

最近、ある整体師が勝手に子宮筋腫を診断し揉むことによって治そうとしたことが医師法に触れ捕まったことが報道されました。

実際に何らかの効果があったのかはわかりませんが、病気を診断して治すのはお医者さんの仕事であり、整体師がやることではありません。

しかし、そこを勘違いしている民間療法の先生が多いのも事実でしょう。

しんそう療方は西洋医学が作ったミクロで健康を計る物差しには乗らず、マクロで健康を考えるのです。

ミクロで起こる痛みや不調はあくまでも結果であり、原因ではないのです。

原因は統合された「身体」という個体がうまく機能していないから、様々な症状や体の不調がおき、病気へとつながっていくと考えるのです。

「身体」という統合体がうまく動かないから、不調のときがつらく痛むのです。

「身体」という統合体が健康に機能しているかどうかは、解剖学的基本肢位という設計図と比べて見ればわかるのです。

実際にしんそう療方では身体という統合体を基本の状態に戻すことにより、様々な病気が治ったという例がたくさんあります。

しかし、しんそうが病気そのものを治したというより、しんそうは身体という統合体が正常に機能できるよう手助けしたのであり、治したのは自身の身体なのです。

しんそうで病気が治った例はたくさんありますが自身の治す力や病気の程度も様々であり、身体を整えたからって何でもかんでも治る訳ではないので、病気によっては病院との併用が不可欠なものもあります。

しんそうで病気が治ったと言っても、お医者さんが治ったと診断してはじめて「治った」と言えるのですから…

しかし身体をミクロで診たって、身体そのものが健康に機能しているかはわからないでしょう。

ミクロで診る物差しで身体を診なくても、私たちに出来ることは山ほどあると思うのです。

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク