睡眠障害

最近ホームページを一部リニューアルしたりこのブログに登録したりで、このところパソコン悪戦苦闘してて私自身が少し睡眠不足気味なのでこのテーマを思いつきました。

当院には不眠を訴える方もいれば、逆に過眠を訴えて来られる方もいます。しんそう療法は眠れるためにどうすりとか、起きていられるためにどうすると言うことではなく、どちらであってもからだ本来のシステムが崩れてることには間違いなく、形を治して正しい構造に戻せば改善できることはよくある話なのです。

たとえばレム睡眠やノンレム睡眠、交感神経がどうの、副交感神経がどうのって、自律神経系の話を解説しても仕方がないのですが、たとえば交感神経は背骨に沿って通っており背骨がゆがんでいれば自律神経に影響があっても不思議ではないでしょう。

当院に来られた患者さんのなかで、不眠と肩こりや首の痛み、腰痛など色々な症状があって、通ってるうちに他の症状はほとんど良くなったのにどうしても薬なしでは眠れないと言う方がおりました。

無理に薬をやめることをすすめたわけではないのですが、特に日中仕事をしてるわけでもなかったので「体の形も整ってきたし、一度薬に頼らず眠れなかったらそのまま起きてて、自然に眠たくなるのを待ってみて、それでどうしても眠れなくてしんどかったら薬を飲んでみたら?」と言ってみたら意外にもその日から薬なしで過ごせるようになったそうです。

次の日に仕事やしなければならないことがあって、ときには睡眠薬で無理してでも寝るのもやむをえないとは思いますが、飲み続けるのは良くないと思います。

とは言っても、すべてこのことが当てはまるわけではないのかも知れませんが…

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク