椎間板ヘルニア

普段やたらと手術を進めるお医者さんも自分や家族がヘルニアになると手術をしたがらないと聞きます。前に研修会の症例発表で京都の先生から聞いた話を紹介します。
某整形外科で普段は手術をやってる先生も病院のスタッフには「首と腰は切ったらあかん」と言ってるそうです。いつもそれを聞いてるそこの看護師さんが椎間板ヘルニアになり京都でしんそう療法を受けて、楽になったことを病院の先生に報告すると「しんそうは良いと聞くから続けて行きなさい」と言われたとか。
まだまだしんそう療法は知名度が低くく、まして病院の先生に知られてるとは思ってなかった私には信じられないような話でした。その先生も林先生の本を読んだのかもしれませんし、地域の評判や良くなった患者さんから聞いたのかもしれません。でも一部の現場では少しずつ知られてきてるんだなぁ~と関心するとともにお医者さんて案外こんなものなのかも知れないなぁ~とも思いました。
もう一つ京都の先生から聞いたヘルニアと手術の話があるんですがそれはまた次回と言うことで…

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク