健康に生きるとは

先日、仕事が終わって何気なくテレビをつけたら「本当は怖い家庭の医学」の特集をやっていました。

途中から見たので前半部分はよくわかりませんが、テレビをつけたら腰椎のガンの手術をやっていたのです。

確かに難しい手術することによって命が救えることは凄いこととで、そういうことを可能にする名医の先生には私も心から尊敬出来ます。

しかし、テレビでは手術が成功した時点で全てが終わって万々歳のように放送していましたが患者さんにとって大変なのはこれからだったりするものなのです。

生きるか死ぬか、生命の危機を何とか回避でききたら、その後はどう生きていくかと言うことになるのです。

お医者さんと違って、しんそう療方は患者さんの生命に直接関与することはありません。

しかしどう健康に生きていくかに関してはしんそうは関与し大いに役立てると思います。

骨や軟骨をとり除いて、人口のものをを入れたり移植をするとどこかに無理が出来て、身体は自由自在に動けません。

前に曲げるのも後ろに伸ばすのも難しくなり、かなりの運動制限が出来て不便な生活をしなければならなりません。

また腰痛や座骨神経痛に悩まされるだろうなと容易に想像できます。

何よりも生命が第一ですからしなければならない手術はたくさんあります。

しかし手術をすれば健康が取り戻せる訳ではありません。

手術で失うものも多く、手術の後はいかに痛みもなく健康に生きて行くことにテーマが移ります。

そこにしんそうのするべきことがあります。

様々な手術後、痛みや関節の可動制限に悩まされてる方も多く、しんそうはたくさん喜ばれました。
続く

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク