健康に生きる(続き)

またテレビではその後に出演者のメディカルチェックを行い、異常のある人をピックアップしていました。

しかし頭痛や腰痛や肩こりに悩まされてるのにメディカルチェックで何も異常がなかった出演者が何人もいたことに現代医学を物語ってると思いました。

しんそうの仕事を10年以上やっていて、様々な症状に悩まされてるのに病院の検査で異常なしと言われた患者さんを数え切れないほど見てきたからです。

お医者さんは病気を診て、患者さんを診ないとはよく聞くことですが…

痛みや苦しみの本質は病名にはありません。

でも痛みや苦しみは形や動きに現れるのです。

ヘルニアがあろうとなかろうと、レントゲンやMRIで異常があろうとなかろうと身体が自由自在に動ける時は痛みもなく楽に過ごせ、動けないい時は身体は不調です。

手足の動きを調べるしんそうの検査はいかに生きているかを調べる検査です。

患者さんの立つ姿、歩く姿、姿勢や動きを見たら痛みや苦しみも予想出来ます。

生命を救うのと同じくらい、健康に生きれるような形や動きに戻すしんそうも大切なことだと思うのです。

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク