しゃっくり

今日は昼間に時間が空いてたので久しぶりに偶然「笑っていいとも」をつけたのですがそこで気になったことがあったのでこのブログに書きます。

身体のことで解明されているものかどうかと言うことをやって、しゃっくりとか筋肉痛は医学的に解明されていないと言っていました。

そこに出ていた医学博士の言うことはある意味で嘘ではないとは思うのですが、お医者さん、つまり現代医学はどうしても思考が対症療法になってしまうものだと思いながら見ていました。

病名をつけて診断し、それに対して何かすると言う…

たとえばしゃっくりは横隔膜のけいれんだと知られているが、しゃっくりがずっと治らないのに長生きする人がいて、それが身体に悪いかどうか悪いのさえわからないと…

しゃっくりが身体に良かろうが悪かろうが、しゃっくりが続くと不快で辛くて生活に支障があるはずだと思うのですが…

筋肉痛が乳酸菌が貯まる説と筋肉が損傷する説があると言っていましたが局所的な現象しか考えていない言えます。

見方を変えればしゃっくりも筋肉痛も歪みが原因であり、身体の形や動きが正常な状態でなくなったから起こるはずなのです。

形を整え、身体が普通の状態に整えたらしゃっくりなんてすぐにでも治ります。

筋肉痛も改善に向かいます。


実際に私がしんそうを習い始めてすぐの頃、急にしゃっくりが出はじめた友人がいて、しんそうがどのくらい効くか試しに足を軽く動かしたただけでしゃっくりが止まってしまい、私自身が驚いたのを今でも覚えています。

その後もしゃっくりの人を何度か施術する機会があったのですが、全てその場で止まりました。

症状をどうかすることに注目するより、身体を普通の状態にすることを考えたほうが良いものがたくさんあるのです。

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク