痛くない施術

しんそう療方がひと昔前まで「無痛バランス療法」という名前で売っていたように、しんそうには無痛で施術するという特長があります。

昔も今も施術した患者さんに全く痛いことしないのに体が楽になったり、痛みが改善するのが不思議だとよく言われます。
最近は整体などの他の療法でも「無痛」や「痛くない~」や「ソフト~」を売りにしてるところがたくさんあるようですが、実際に行ってみると痛かったと聞くこともあり、本当に痛くないしんそうが不思議みたいなのです。

なぜ、しんそうが痛くないのか?

それは痛いところをあまり触れない施術だからなのです。痛い部分よりも痛みをおこす原因の形に施術の焦点をおいていることにあります。他の療法がどんな施術をしているのか詳しくわかりませんんが、痛い部分に施術の焦点を置いている限りはどんな手加減を患部に対してしての刺激をソフトにしようとしても、本当の意味での無痛療法はできないものです。

しんそう療方の創始者、林宗駛先生の最初の著書「無痛で痛みをとる本」に「治療が痛いのは、その痛い患部のみを攻撃するからである。これは当たり前のことであろう。それでも病人たちは治療の痛みを我慢すれば、病気から逃れられると信じて痛い治療に甘んじているのである。」とあります。

例えばよく腰が痛ければ腰が悪い、膝が痛ければ膝が悪いと考えがちですが、実は痛い腰や膝は結果であって原因ではありません。原因は日常の動きや姿勢などの形にあって、形がおかしくなるから様々な部分に無理が生じ、結果として痛みがでるのです。

痛い部分よりも痛みのある身体の形がどうなっているのか見極め、それをもとの自然な状態に戻す。そのことは他の療法でできない、しんそうが無痛で痛み解消できる重要な意味にも通じています。

「痛い個所をさらに痛めつけるなどという行為は、どう考えたとしても理に合わないと思いませんか」(「無痛で痛みをとる本」より)












コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク