治療室

前にも書きましたがずっと前に来られた方の久しぶりの来院が今でも続いています。中には2年前、3年前に一度だけ来られた方が「あれから、すごく調子が良かったからビックリしました」と言ってくれて施術する私にとって本当嬉しい限りです。

前に1度しか来られてない方は別にして、久しぶりに来られた方がよく驚かれるのはマットが2つに増えていること。昨年の9月まではマット1つでやっていましたが、スペース的に余裕があったので2つに増やしました。

理由は
①重症の患者さんが来られたときに施術前後に横になって休んでもらえること。
②おじさんを施術した後に若い女性を施術する場合、直後に同じマットに「~さん、どうぞ~」と呼びにくいこと。(中年男性を施術していた場所を避けるように、わざわざ端っこのほうで横になる女性もいました)
③ボロボロになった畳を隠すため。

マットを増やした時は「先生が増えるんですか?」とよく聞かれましたが、相変わらず私1人でやりますよ。



20070524232727.jpg

すべて手技で施術するので、ご覧の通り機械も器具もないシンプルな治療室です。マットの後ろのアコーディオンカーテンの向こうには私の休憩室があります。空いた時間にほんの10分でも昼寝が出来た日はあとが快調なのです。またパソコン、冷蔵庫などもおいてあります。



20070524232805.jpg

待合室です。本棚にはしんそう療法でよくなった人の症例ファイル、しんそう療法を作った林宗駛先生の本、これまでにしんそう(無痛バランス療法)が掲載された雑誌があります。でも治療関係のものばかりだと待ち時間に退屈される方もいるので新聞くらいは置いています。本棚の向こうに更衣室があり、患者さんのためのロッカーが置いてあります。



20070524232929.jpg

約5年前までは浜(メディアコムの向かい)でやっていましたが急に建物を取り壊すことになり、この場所に引っ越してきました。
初めて開業したときの浜では全てが…、この駅前町の治療室は部分的に知り合いの内装屋さんに頼んだところもありますが、やはりかなりの部分が手作りの内装なのです。というより借りた店舗にほとんど手を加えていないと言ったほうが正解かも知れません。

コメント

非公開コメント

なるほど、畳のボロを隠すためか!(笑)
でもきれいな治療室だね。

カメラテクニックですかね?
機会があれば遊びに来てください!

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク