警備員

またまた前回の続きです。

現在、当院の向かいで家の増築工事をしているのが窓から見えるのですが、道路や建物の工事を見るとどこまで工程が進んでいるのか見いってしまう癖が抜けません。

というのも会社を辞めてからしていたアルバイトは工事現場などの警備員だったからです。

交通量の多い場所での交通整理など忙しい現場もありましたが、とりあえずガードマンを置いておくだけの暇で暇で仕方がない現場もあって冬場の寒さに耐えながら工事の工程を見て時間を潰したものです。

でも暇な現場は、その時演劇サークルに入ってた私にはちょうど良かったのです。

その時は台詞の覚えがものすごく早かったのです。それは一人でブツブツ言いながら警備員をしていたからです。

もしかしたら端から見るとちょっと危ない人だったのかも?

会社を辞めてから気持ちも楽になり現在に至るまで後悔したことはないのですが、その時の現場で会社の営業車が通る度にヘルメットで顔を隠してしたのはちょっと情けないですね…

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク