作務衣

6月に入り、衣替えのシーズンになりました。

私の仕事着は特にいつから衣替えすると決めている訳ではないのですが、普段は作務衣(このブログのプロフィールの写真に着ている服)で仕事をしていて、暑さに耐えられなくなる夏場はポロシャツで仕事をします。

でも本当に暑さに耐えられなくなるギリギリまで作務衣で通したいのです。というのも作務衣は最近出てきたお腹が目立たない服だからなのです。

仕事柄、ケーシとか白衣を着そうなものですが、なぜかしんそうには白か紺の作務衣を着て仕事する人が多いのです。もともとお坊さんが着る作務衣をなぜ着るのか…、詳しい理由はわかりませんが私も先輩に習って作務衣を着て仕事するようになりました。

こんな作務衣で人生が変わったというエピソードを聞いたことがあります。

京都のしんそうの先生がある雑誌で飲食店に混じって「作務衣を着ているお店特集」に掲載され、昼食を食べるお店を探すために雑誌を見た人が重度の腰痛持ちなのでつい目に留まってしまい、冷やかし半分で行ってみたら本当に腰が良くなったので大変感激し、今度は自分でやってみようとしんそう療法を習いはじめ、今は博多で開業しているという話があります。

作務衣は動きやすて仕事がしやすいです。

でも膝をついて仕事をするので、すぐに膝が破れるのです。膝のところに補修用のアイロンプリントをしたことがありますが、そうすると今度は仕事をしているうちに補修が剥がれてくるのです。

作務衣は上下セットでしか売ってないため下だけ紺色のチノパンで代用していますが、それも1~2ヶ月で破れてしまいます。

何か良い方法はないでしょうか?

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食品サンプル情報リンク集

ブログ管理人様飲食店に関連する記事のブログにトラックバックさせていただいております。ご迷惑な場合はお手数ですが削除してくださいませ。*食品サンプル情報リンク集*食品サンプルに関する情報リンク集です。食品サンプルの情報集めにお役立てください。

コメント

非公開コメント

人生変わりました。v-10

作務衣で人生が変わった張本人の登場ですね。

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク