整骨院での経験②

整骨院に入ってからはまずは電気治療器の使い方を覚えること。

ほとんどの整骨院は保険治療のため、実費治療をしている治療院の何倍、何十倍もの患者さんがやって来られます。

しかし診断らしいことがある訳でもないし、一人を丁寧に施術する訳でもないし痛いと言うところに電気治療器を当てて気持ち程度にマッサージを加えるのが普通です。そのため別名「電気屋さん」と言われるくらいなのです。でもその当時の私にはそんなことわかりません。

腰や首の牽引機、低周波、マイクロ波、ローラーベッド、フットバス、ヘルストロン…、これらのものが私は治すための機械だと思っていました。

しかしやっているのを見ると例えば低周波を肩や腰など痛がってる場所に端子を付けてスイッチの強弱を少しずつ強くしていき、ちょうど良い強さになったら合図してもらい10分待ったらタイマーが鳴る。(本当の正しい使い方は筋に沿ってプラスマイナスをつけて筋を収縮させるらしいけど患者さんが喜ぶから痛がってつけるのがほとんどらしい)つまり痛いところに刺激を加えるだけのことなのです。

そんなこと何も疑問をもつこともなく、多くの患者さんが毎日続けてやって来られてるのでそれだけ信頼されてるのだと思っていました。

電気治療器の使い方も一通り覚え、2日目には私が夜にマッサージ店で働いているのでどれだけのことが出来るのか先生にやって見ることになりました。

私がやったのは1時間程度でやる按摩で、まず言われたのが整骨院に来られるお年寄りにはきつすぎるのと保険治療の整骨院では10分くらいであげなければならないと。

そこで整骨院でやっているマッサージを教えてもらい、1週間程度で私も患者さんにマッサージをすることになり、慣れてきたら自分なりにアレンジを加えていくようになりました。

次回に続く

コメント

非公開コメント

当院、このブログへのメールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング

当院ホームページ


しんそう(R)岡山駅前

プロフィール

しんそう岡山駅前

Author:しんそう岡山駅前
鍼灸専門学校(指圧科)の在学中に「しんそう療方」と出会い、現在はマッサージ他全ての対症療法を捨て、無痛で体のゆがみを治すしんそうの専門院を開いています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Facebook
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク